新たなまかせて会員さんの誕生です!(養成講座の報告)

新たなまかせて会員さんの誕生です!(第2回まかせて会員養成講座のご報告)

11月6日・9日・24日・27日・12月1日の5日間にわたり、今年度二回目のまかせて会員養成講座を開催しました。

今回は、保育の現場を一旦子育てのために離れたけれど、ゆくゆくは活動を開始したいと思われている子育て世代の方もたくさんご受講くださり、無料の託児も利用しながら熱心に学んでくださいました。

講座受講のきっかけは、みなさんそれぞれだと思いますが、共通の想いは『何か少しでも社会のお役に立てたらいいな』ということ。同じ志をもつ方々とお知り合いになれたことは心強いことだと思いますので、ご縁を大切にしながら、それぞれの地域でご活躍いただけたら幸いです。皆さま、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。wink

 【まかせて会員養成講座を受講しての感想~アンケートより~】

どの講座も学びが多く、時間が経つのがあっという間でした。毎回来るのが楽しみになっていました。ファミサポの「地域とのつながりを大切に」というところが素晴らしいと思います!

育児にも生かせる内容をたくさん学ばせていただきました。貴重な時間をありがとうございました。

 

★次回まかせて会員養成講座は、2月に開催予定です。

まかせて会員養成講座チラシ(第3回)です。

ぜひ皆さんお誘い合わせの上、ご受講ください。

詳しくはお電話でお問い合わせください。

087-833-2226

ご受講お待ちしています♪

(Konishi)

ファミサポ年末年始の予定

ファミサポの年末年始の予定

師走まで、まだまだだと思っていましたが、早くも、まかせて会員さんからファミサポの年末年始の業務予定についてのお問合わせをいただきました。月報の提出を気にかけてくださっているとのこと、いつもお忙しい中、ありがとうございます。下記の営業時間をご確認の上、どうぞよろしくお願いします。

 

◆年末の業務終了◆  12月28日(木)  17:00まで

◆年始の業務開始◆   1月 4日(木)   9:00から

 

【まかせて会員・どっちも会員さんへ】

12月分の援助活動報告書の提出締め切り日は、1月5日(金)です。

年末年始のお忙しいところ、お手数をおかけしますが、ご協力の程、よろしくお願いします。

郵送、ファクシミリ、たかまつミライエ南側の郵便受けに直接投函くださっても大丈夫です。

また、どうしてもご都合が悪く、提出が遅れそうな方は、事前にご連絡いただけると助かります。

 

【新規登録を希望の方へ】

新たに会員登録を希望される方は、ご予約を承ります。

支援が必要な方もお気軽にご連絡ください。

 

皆さま、今年もお世話になりました。

新しい年も、素敵な出会いがありますように・・・。

皆さま、健康でよい年をお迎えください。

(Konishi)

ファミサポ通信23号発行しました!ぜひチェックしてください!

ファミサポ通信第23号発行!ぜひご一読ください。

朝晩冷え込むようになってきましたが、皆さま如何お過ごしでしょうか?

読書の秋、こちらファミサポではファミサポ通信を発行しました。

じっくり、楽しく読んでいただける内容になっていますので、ぜひご一読ください!smiley

 

【ファミサポ通信第23号の内容紹介】

★ファミサポ通信23号1ページ目・・・・・実際のたかまつファミサポの援助活動の様子を掲載。

かわいいお写真たちと共に、預ける会員さん、そして預かる会員さん双方のお気持ちをお届けしています。

★ファミサポ通信23号2と3ページ目・・・・・たかまつファミサポは今年で開設10周年。そこで、会員数の推移や現在の地区別会員数、活動実績など、たかまつファミサポの現状を報告としてまとめています。

★ファミサポ通信23号4ページ目・・・・・・センターからのおねがいやこれからの予定などを掲載しています。まかせて会員大募集のお知らせも!ぜひチェックしてください。

 

※たかまつ通信は、たかまつミライエだけでなく、各ひろば、地域子育て支援センター、県立図書館、こどもの国、まなび館、FLAG、アイパル、しごとプラザ高松、e-とぴあなどにも置かせていただいています。ぜひ手に取ってご覧ください。

(Konishi)

わはは・ひろば香西で出張登録を行いました

10月27日(金)わはは・ひろば香西におじゃましました♪

香西西町にある、自然豊かでアットホームなひろば。

今日は快晴。空気が澄んでいて、山の緑が綺麗。

スタッフの皆さんの笑顔にも癒されます。

ありがたいことに、年に2回お声掛けをいただき、定期的に登録会を開催させて頂いております。

本日は3組の登録がありました。

いざという時に備えての登録でしたが、お困りなことがありましたら、いつでもご連絡くださいね。

地域の中で、頼れる方とご縁を結ばせていただきます。

お越し頂いた皆さま、スタッフの皆さま、ありがとうございました。

(azuma)

発達障がいのあるお子さんとご家族に寄り添う援助のあり方について学びました!

第2回スキルアップ講座のご報告

~発達障がいのあるお子さんと家族に寄り添った援助のために~

第2回スキルアップ講座は、NPO法人ペアレントメンターかがわの美馬眞弓さん、石井美香さんを講師にお迎えして、発達障がいのあるお子さんを育てるご家族の立場から、支援者に知ってもらいたいことを率直にお話いただきました。

また、ペアレントメンターかがわの取り組みの紹介、発達障がいを疑似体験するワーク、参加者からの質問への回答なども丁寧にしていただきました。

 

美馬さんからは、「子どもの言動には必ず理由があり、常に想像力を働かせて言葉にならない想いを感じ取ろうとすることが大切。」という言葉と共に、箇条書きで簡潔にといった伝える工夫やオウム返しをしながらその子の気持ちに近づくといったコニュニケーションのコツなども教えていただきました。

 

石井さんからは、自閉症の具体的な「困り」の様子を詳しくお話いただくと共に、「その子という大事な存在がいることに一緒に目を向けてほしい。」という言葉が届けられました。

 

不思議なことがあれば聞く、いいなと思うことはやってみる。支援者として大切なことは、決して特別なことではなく、当事者の「困り」を理解しようとする姿勢を持つこと、そして、ひとつひとつのコミュニケーションを大切にとっていこうとすることなのかもしれないと、改めて確認できたように思います。

この学びの機会を持たなければ、知らなかったこと、気づけなかったことを、参加者のみなさんそれぞれに、たくさん持ち帰っていただけた事と思います。

44名もの熱意ある会員さんと共有できた素晴らしい時間に感謝いたします。みなさま、ありがとうございました。

 

~参加者のアンケートより~

・具体的な体験談や、お母さんの立場としての気持ちを聞けてとても分かりやすかった。

 また、お母さんから見た支援者への想等とても参考になった。 

  ・困った子ではなくて、“困っている子ども”よく分かりました。

  ・発達障がいは特別ではないということが、改めて実感できました。

   少しだけ相手を分かろうとする気持ち、一緒に過ごす時間が理解に繋がることも学びました。

   それにしても、係わる側の頑張り、思いに頭が下がり胸にジーンと響きました。

・発達障がい体験は目からうろこでした。その子、その子を見ることの重要性を感じました。

  ・事前質問に答えて頂くのは良かったと思います。

・ペアレントメンターの活動を始めて知りました。

 また、自閉症・発達障がいのある子どもの行動や、それに対する対応等、初めて聞く事も多く勉強 になりました。

(Konishi) 

綾川町で出張登録を行いました

綾川町子育て支援センター「にじ」におじゃましました

 8月24日 木曜日に 昭和認定こども園内の、「にじ」でファミサポ事業の説明と、出張登録をさせていただきました。

今日はみんなが楽しみにしているボール遊びの日♪

たくさんのママとキッズ&ベビーが遊びに来ていて、お部屋の中は熱気ムンムンでした。

早くボール遊びをしに行きたい所、お時間を頂きありがとうございました。

高松で登録後、綾川町にお引越しされていた方に偶然お会いできたり。

新規登録の方と新たなご縁ができたり。

お忙しい中、園長先生もお時間を取ってくださり、子育てについてたくさんお話しすることができました。

午後からは、「いきいきセンター」に移動して、登録会を行いました。

綾川町は、ファミサポ全体の中での会員数、利用件数は多くはありませんが、サポートを必要としている方はおられます。

綾川町内のまかせて会員さん、どっちも会員さんのお力をお借りして、少しでもお役に立てればと思います。

サポートが必要な方は、遠慮なくご相談くださいね。

次回、綾川町での出張登録会は平成30年3月初旬の予定です。

(azuma)

全体交流会を開催しました!

NPO法人さぬきっずコムシアターの百々祐子(どどゆうこ)さんをお迎えして全体交流会を開催しました

今年はたかまつファミリー・サポート・センターが開設されて10周年となります。

10周年の今年は、いつもと少し趣向を変えて参加者一人一人が主役となり、自由に発想、表現して一つの作品を作り上げようという、参加型の全体交流会を開催しました。

 

テーマは  『空想の町を作ろう』

段ボールに道を描き、たくさんつなぎ合わせて空想の地図を作ります。地図には空き箱や廃材を使って建物、乗り物、動物、自然を作り、町を完成させます。自分が作った地図を他の人が作った地図とつなぎ合わせて大きな町が完成となります!

最初に、百々さんから制作手順、遊び方、道具の使い方等の説明を受けます。

どの子も目がキラキラ、真剣にお話を聞いていますよsmiley

どのような町を作ろうか考えているのでしょうね……

ワクワクしますね~

 

まず、段ボール箱を開いてマジックで道を描きます。道の周りの建物はクレヨンで描いたりお菓子の空き箱、プリン、ヨーグルト、豆腐の空容器、トイレットペーパーの芯、ラップの芯、木片、色画用紙、色紙を使い自分の作りたいものを作成し貼りつけます。

木片をうまく組み合わせて家を作り、自宅とご近所を再現している子。空き箱を組み合わせて上手にキリンを作った子。道は通学路で、学校と自宅を両端に作り、その間にアイスクリームの空箱を使ってアイスの森を作り「学校から帰りにアイスが食べ放題で嬉しい~」と言っていた子。道の周りに見覚えのあるマークのスーパーを作り、大きなため池を描き(さすがさぬっき子)本当の町のように作った子。コインパーキングを作り、空き箱で車を作り駐車させていた子。何本か釘が刺さっている木片を、電力を放出させている家と表現した子。空き箱で三階建ての家を作り、道には三角形の木片を組み合わたクレーン車を停め、工事しているんだよ~と教えてくれる子。

どの子も発想が豊かです!!

今回は参加者全員が主役ですから大人も制作に参加して楽しんでいただきました。

最初は子どもにまかせきりだったお父さんやお母さんですが、いつの間にか子どもの事は、二の次で、ご自分の作りたいものを一生懸命に作っていましたblush百々さんも「今日は大人も童心にかえって遊んでくださいね!」と言われていましたが、皆さん、お子さんに負けないくらい目が輝いて真剣に取り組んでいましたyes

 

色画用紙で三角屋根の山小屋風住居を作ったお母さん。

お菓子の空き箱を上手に切り抜きDIY道具を作ったお母さん。

子どもが作ったものをひたすら貼り続けたお母さん。

小さい女の子が上手に出来ない細かい作業をずーっと手伝っていたお父さん。

子どもの様子を温かく見守り続けたお父さん、お母さんもたくさんいましたね。

みなさん、一生懸命に取り組んで下さって嬉しくなりましたsmiley

 

自分が作った町が出来上がり大きな町につなげようとしたのですが、皆さん時間ギリギリまで制作されていたのでつなげる事が出来ずにタイムオーバー!!

残念ながら大きな町には発展できませんでしたが、空想を広げ想像して作り上げた、小さなオンリーワンの町がたくさん完成しましたよheart

 

最後に参加者全員で集合写真を撮りました。皆さん達成感一杯のいい笑顔です(^u^)

 

最後に、廃材を利用した制作活動、制作物を使っての楽しいあそびを提供して下さった、百々祐子さんにお礼を言い、全員で片づけをして終了となりました。

 

今年は23組の家族、60名の方が参加して下さいました。お暑い中お集まりいただいてありがとうございました。

毎年ファミサポの全体交流会は、案内状が届くとすぐに申し込みの電話が入り始め、10日後くらいには定員いっぱいとなりキャンセル待ちが出ます。

今年も何組ものご家族がキャンセル待ちで参加できない状態でした。申し訳ございませんでした。

これに懲りずに来年もまた申し込みをお待ちしております。

(matsumoto)

アンガーマネジメントについて学びました!

ファミサポスキルアップ講座 「アンガーマネジメント研修」のご報告

最近よく耳にする「アンガーマネジメント」。

第1回スキルアップ講座では、一般社団法人 日本アンガーマネジメント協会 ファシリテーターの谷川由紀さんを講師にお迎えして、「怒り」「イライラ」を上手にコントロールし、怒りと上手に付き合うための心理テクニックを学びました。

イラッとすること。

どうしても許せない事。

ついつい感情的に怒ってしまい、後で後悔すること。

毎日の生活の中で怒りが湧いた時、アンガーマネジメントをどう活かせば良いか、講座のポイントをご紹介します。

①怒りの感情から6秒間をやり過ごす。

 怒りの感情のピークは長くて6秒。6秒間やり過ごすことで落ち着きを取り戻し、冷静に対処できるようになるそうです。6秒数を数えたり、指で手のひらに頭にきていることを書いてみましょう。売り言葉に買い言葉で取り返しがつかなくなる前に、まずは6秒。

②イライラ・怒りをレベル化して客観視。

 まあいいかと流せる程度の軽い怒りから、人生最大の怒りまで怒りのレベルは様々です。イラッときたら、その怒りに0~10点の点数をつけてみましょう。冷静に状況を客観視することで怒る必要性の有無が判断できます。

③思考をコントロール・心の器を大きくする。

 「~すべき」という自分と相手の価値観の違いに気づき、「少し違うが許せる」という許容範囲を広げると怒る必要のない所での怒りが少なくなり、自分の機嫌や都合で怒ることもなくなります。心の器(許容範囲)を大きくしましょう。

④NGワード。

「いつも」「必ず」「絶対」「前にも言ったけど」「何度目だと思っているの」「なんで?」

決めつけを生む強い言葉や、過去のことまで言及するのは相手に不信感を抱かせます。「なんで?」は相手を責める言葉。責められると、相手は追い詰められ逆効果です。

 

平日開催でしたが、37名の方に参加して頂き、有意義な学びの時間を共有できました。

~参加者のアンケートより~

〇とても役に立った。子どもの怒りのコントロールの仕方が分かった。他人を変えられないのは分かっているつもりだったが、自分がどう行動するのかがわかり実践してみようと思った。

〇自分の思考の傾向がわかり良かった。怒りをコントロールできるトレーニング法・今日学んだ事をこれから実践していきたい。

〇自分の生活に当てはめて話を聞くことができ、イメージし易かった。

〇怒りをコントロールするというのは難しいのではないかと思ったが、聞いているうちにこれなら実践できるのではないかと思うことが沢山あった。とても参考になった。

〇今後の人生に活かし、楽しく過ごしたい。6秒、NGを心に置いて。

 

今回の講座で、「怒らなくなること」を目的とするのではなく、「怒る必要性のあることに対して上手に怒ることができるようにする。」という所が目からウロコでした。今回は入門編でしたので、次回続編を企画できればないいなと思っています。

(azuma)

「にしおか医院地域子育て支援センター」にて出張登録を行いました!

「にしおか医院地域子育て支援センター」にて出張登録を行いました!

今日は、にしおか医院地域子育て支援センターさんでの出張登録会の日。

まぶしい真夏の空。

暑い日差しの中、朝早くから、元気な笑顔でお集まりくださったみなさん、

ありがとうございました。laugh

 

ファミサポのことをご存じ無い方もまだまだ多いのだな~という印象だったのですが、

みなさん熱心にお話を聞いてくださったり、質問をしてくださったり・・・。

出張登録に行かせていただけたからこその出逢いですので、とても嬉しく思いました。heart

 

本日は5人の方が本登録をされました。

育休があけられる方、近くに親御さんがいてもお仕事をされていたりで、支援を受けられない方。

みなさん、それぞれお忙しく、大変なときもあると思います。

全部、自分でやらなきゃーとしょいこまずに、

大変な時はファミサポの地域パワーを頼って、楽しく子育てをなさってくださいね。yes

 

お声掛けくださったにしおか医院地域子育て支援センターのスタッフの皆さま、

本日も大変お世話になりました。

ありがとうございました。smiley

(Konishi)

平成29年度 第一回まかせて会員養成講座大盛況でした!

平成29年度 第一回まかせて会員養成講座のご報告

7月5日・6日・10日・12日・13日の5日間にわたり、今年度最初のまかせて会員養成講座を開催しました。

ミライエに移転して2回目の開催になり、認知度があがってきたのでしょうか、今回は多い日には27名もの方が講座を受講してくださり、熱気溢れる講座開催となりました。yes

講座受講のきっかけは、みなさんそれぞれだと思いますが、共通の想いは『何か少しでも社会のお役に立てたらいいな』ということ。同じ志をもつ方々とお知り合いになれたことは心強いことだと思いますので、ご縁を大切にしながら、それぞれの地域でご活躍いただけたら幸いです。皆さま、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。wink

 

【まかせて会員養成講座を受講しての感想~アンケートより~】

受講してみて、あっという間に終了してしまった!という思いでした。どの講座もとても大事なことばかりで、必ず覚えておこうと思いました。ありがとうございました。

お話を聞くだけでなく、みんなで考えたり、意見を聞いたりして退屈せず、楽しかったです。

自分の子育てにも生かせる内容がたくさんありました。

大変良かったです。サポートの必要性や意味がよくわかりました。参加者の和みも良かったと思います。お世話になりありがとうございました。

 

★次回まかせて会員養成講座は、11月に開催予定です。詳しい日程が決定次第、HPでもご案内いたします。

日程表など詳しいチラシをご希望の方は、お電話でお問い合わせください。enlightened

087-833-2226

ご受講お待ちしています♪laugh

(Konishi)